生活習慣病の対策を病院で|内科が併設されている病院に通って健康管理しよう

生活習慣病の対策を病院で

看護師

現代人に多い病気

現代人に多い病気の一つとして、生活習慣病があります。生活習慣病の一種でもある糖尿病や高血圧症は特例がない限り、普段の生活を規則正しく行なうことで防げる病気なのです。

自分で防げないなら

もし規則正しい生活が送れない、どのような対策を立てるべきなのか分からないと思う方がいるのであれば平野区の病院に相談してみるといいでしょう。病院からの指導は正確なのできちんと守れば効果が表れますよ。

発症する前に

生活習慣病は一度なってしまうと治療が長引いてしまう病気が多いです。そのためならないようにしっかりと対策を立てておくことが肝心です。病院の先生と二人三脚で病気を予防していきましょう。

健康診断の検査項目

血液検査

健康診断で必ずと言っていいほど血液検査は行われます。この血液検査では血中のコレステロールの測定や、肝機能、腎機能などを調べることが出来ます。血液検査を行う場合は軽い食事制限もあるので注意しましょう。

尿検査

尿検査も血液検査同様に必ず行われる健康診断のメニューとなっています。尿糖や尿蛋白などの情報を調べることができ、尿路感染の有無、肝炎や糖尿病の発見を行なうことも出来ます。

レントゲン撮影

レントゲン検査は主に肺と心臓を調べる為に行い健康診断では胸部X線検査という名目になっています。肺がんや胸水の有無を確かめる為の検査となっており、撮影方法は体の正面、側面、側臥位で行われています。

心電図

心電図では主に不整脈の発見をする役目があります。また不整脈は心筋梗塞や狭心症の疑いにも繋がってくるので、より詳しい検査が必要になってくるケースもあるのです。

身長体重・血圧測定

基礎情報として、最も重要な身長体重は必ず健康診断で測定します。身長に対して体重は適正か判断をするために必要な情報になっています。また、血圧は様々な病気に関係するため、身長体重同様にしっかり検査します。