内科を細かく分ける|内科が併設されている病院に通って健康管理しよう

内科と外科の割合

内科と外科は、内科のほうが割合では多いです。全体の割合として内科は26パーセントほどで外科は約8パーセントとなっています。投薬などで治る病気が多いということもあって現在では内科が多いのです。

受診が多い内科の種類ランキング

no.1

1位【一般内科】

受診が多い内科の種類ランキングでナンバーワンに輝いたのは一般内科です。一般内科は総合的に受診を行なっているため、まず一般内科を受診してから別の専門内科に移るケースが多いとされています。そのため統計的に一般内科の受診率が高いのです。

no.2

2位【呼吸器内科】

受診の多い内科ランキングで2位に浮上したのは呼吸器内科です。咳や喘息などの症状に苦しむ方が多く、元々の持病という部分もあるので呼吸器内科への受診が多いのです。

no.3

3位【消化器内科】

消化器内科は受診ランキングでは3位となっており、謎の腹痛や下痢が続くなどの症状に頭を抱える方が多いです。また突発的な症状も多いので、受診率にばらつきがあります。

no.4

4位【循環器内科】

循環器内科に受診をする方はランキング上位の3つの内科に比べると少ないです。血管系の病気や治療を受ける為の専門内科になっていますが、手術で改善するケースも多いのでランキングでは4位になっています。

no.5

5位【神経内科】

受診の多い内科の種類ランキングで5位になった神経内科は、神経科や心療内科と名前が似ているためよく間違われています。神経内科自体の外来数が少ないという部分がランキングで5位を獲得した理由になっています。

内科を細かく分ける

病室

外科と内科の違い

外科と内科の明確な違いについて理解している方は少ないでしょう。はっきりとした違いは「外科は検査をして手術で治す」、「内科は検査して薬で治す」という部分になっています。

内科の分類について

内科には様々な種類があります。一般内科から始まり、循環器内科や呼吸器内科といった専門内科まであります。自分に起きている問題に合わせて選択するといいでしょう。もし迷った場合は一度総合的に見てくれる一般内科がいいですね。

アレルギーを専門にする内科

世田谷区の内科ではアレルギー症状を専門に診ている内科もあります。毎年訪れる花粉症や慢性的な鼻炎などの症状を緩和させるために治療を行なっているのです。

在宅診療の取り組み

病院に通えない方々に向けて往診や在宅診療を行なう内科があります。専門的な治療を自宅で行なう訳ではありませんが、健康チェックやアドバイスを受けることが出来るため、人気の高い医療サービスとなっています。